スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

この国の常識(2)

ここ数日またかと思わずにはいられない、テキサスの教会でおきた乱射事件。幼い子どもを中心にまたしても銃によるたくさんの犠牲者が出ました。

そして更にがっかりするのが、これだけ乱射事件が起きても、この国は銃所持は権利だから守られるだろうと思わずにいられないこと。

翌日、高校生の長男は高校の社会のクラスでこの話題になり、もちろん銃所持反対の長男は、賛成派とほぼ口論状態になり、先生がとめに入ったそうです。そしてクラスメートの大半が長男に言ったのは、アメリカ人なら銃は賛成のはずだ。だそうです。

もっとアメリカは変わらないだろうと確信したのは、翌日の大統領の発言です。

最近の投稿

この国の常識

もうアメリカに長くいるので、あまり驚いたりしないのですが、最近立て続けに医療保険のことで驚きました。

まずひとつ目は、この国の常識として、誰かが大怪我をしたり、大病をすると必ずといっていいほど誰もが心配するのは、医療費は払えるのか?です。

このいい例が、次男がよく見ているYou Tuber。大怪我をして手術。病院にはおそらく2かは 入院したと思います。早速今の時代の若者らしく、その様子をInstragram でLive。
やってくる質問の真っ先にあったのが、Fund Raisingの予定はあるのか?でした。

オープンエンロールメント

11月1日は何の日だったのかご存知でしょうか?おそらく知らない人が多いと思いますが、Affordable Care Healthcare Planのエンロールメントが始まりました。https://www.healthcare.gov/

えー、もうなくなったんじゃないの?と思われるかもしれませんが、それがトランプ政権の狙いです。大々的にオバマケアを批判し、もう無くなったと思い込ませる作戦。というのは、議会で、オバマケアをなくすことができなかったから。その代わりに、Twitterと、ことあるごとにマスコミの前で批判をし、そしてHealthcare.govの使える広告費予算を大幅にカット。今年は、例年のような、宣伝がまったくできていません。

でも、この国は司法国家。法律が議会を通らない限り、現存の政策は無くならないのです。


トランプ政権 新Tax Reform シングルペアレント

もうブログ閉鎖かと思われた方も多いかと思いますが、そんな気持ちはなく、日々仕事に追われ、疲労困憊していました。書きたいことはたまっているので、徐々に元のペースに戻っていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。
さて、先日とうとう形が発表された、トランプ政権最大の目玉Tax Reform。この話題はこれまで何度か触れてきましたので、無視できません。
私が一番気になるのは、シングルペアレントの税金はどうなるのか?トランプが選挙キャンペーン中に出していた予定政策では、Head of Householdは無くなる予定。それはどうなったのか?

まさしくこれでした

相変わらず、仕事が大変なのと、もうすぐ学校が始まるため日々どうしようもないくらい忙しいです。

というわけで、手抜きですがこのリンクを紹介します。

5 Phrases Sociopaths Use To Kill Your Confidence https://www.powerofpositivity.com/5-phrases-sociopaths-use-kill-confidence/ まずはぜひリンクを読んでみてください。

怒り

最近は、あまりEXのナルに対してイラつくことはなくなり、ようやくここに来て私も完全回復か?と思っていたのですが、やっぱりそこはナル。油断すると攻撃はやってきます。

今年になって攻撃がなかったのは、私が関わることがなくなったから。長男は自分で運転してどこにでも行きますし、次男は完全に父親の家にいきません。だから養育費ももう私は払っていない。だって、初めの数年はちゃんと払っていたんだし、いまや 子供の費用は100%私持ちなんだからということを説明して、毎月子供にかかっている費用の詳細を渡しているので、言うこともなくなったんだと思います。

Back to Normal

この夏、長男も次男もキャンプに行っていて、長男に関しては一か月以上家にいませんでした。いないと、寂しいと思うばかりでしたが、今週は久しぶりに家族3人の生活。一気に現実に戻りました。

一番の違いは、食事の量、洗濯の量と掃除の頻度。まあ人間って汚す生き物。しかもティーンの男二人。とくにシャワーとトイレ。キッチン。やってもやってもという感じ。これだけでもストレス。